2012年02月10日

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせたEAの作り方

こんにちはT-zawaです。わーい(嬉しい顔)
今回は前回作ったEAにボリンジャーバンドを組み合わせてEAを作っていこうと思います。リボン

この2つを組み合わせることで特定のトレンドを持たないレンジ相場で威力を発揮するEAが作れます。

さっそくFXセンサーを起動して
RSIBB01.gif
アラーム設定の条件タイプでANDを選びます。今回はRSIとボリンジャーバンド両方の条件を満たしたときに売買します。
RSIBB02.gif
買いサインの場合RSIはデッドクロス、ボリンジャーバンドは負偏差以上に設定します。この2つの条件が満たされたときにサインが出ます。相場の状況によっては条件をゆるくしたほうがいいかも知れないですねわーい(嬉しい顔)

このEAを使ったバックテストの結果がこれ
RSIBBtest.gif
利益は出てますがやはり条件が厳しいのか売買回数が少ないですね。
今回作ったEAのダウンロードはこちら

fxsensor-jacket.jpg


私も使っているFXセンサーさまざまな指標に対応していてEAの作り方も直感的でわかりやすいです。
posted by T-zawa at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

RSIを使ったEAの作り方

こんにちはT-zawaです。わーい(嬉しい顔)
今日はRSIを使ってEAを作っていきたいと思います。

RSIとは
RSIとは、n日間の値動き幅(上昇幅+下降幅)の平均に対して、n日間の上昇幅の平均がどれくらいの割合かを示すテクニカル指標です。

一般的には、RSIが、20%〜30%まで下がると「売られ過ぎ」、70%〜80%まで上がると「買われ過ぎ」と判断します。たいていの算出期間は14日間らしいです。

ただ、RSIの弱点として、大きな上昇トレンドの初期局面では、急激に上昇して80%以上に長く滞留したままになったり、まったく逆の局面では、20%以下に滞留する、といった現象が起こります。

このような「だまし」を防ぐため他の指標と組み合わせるのも有効みたいです。

ではEAを作っていきます。作り方はいつもどおりFXセンサーを開いて

RSI1.gif
エントリー設定でRSIを選択
RSI02.gif
期間と上限と下限を設定します。クロス位置は買いならデッド、売りならゴールデンを選びます。

ちなみに今回にEAを使ったバックテストの結果がこれ
RSItest.gif
まあまあ結果はいい感じですね猫
今回作ったEAのダウンロードはこちら

今回はここまでどんどん稼げるEA作っていきます。
posted by T-zawa at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

移動平均を使ったEAの作り方

こんにちはT-zawaです。わーい(嬉しい顔)

今回は移動平均を使ったEAの作り方を紹介します。テクニカル指標の移動平均についてはコチラの記事で紹介してます。

いつもどおりFXセンサーの設定画面を開いてエントリー設定で移動平均(Moving Average)を選びます。

種別でSimple,Exponentialなどとありますがこれは移動平均の出しかたです。Simpleは単純移動平均、,Exponentialは指数移動平均で単純移動平均よりも敏感に反応します。

あとはSlowとFastMAを設定します。
一般に金融機関などでは21日移動平均を重んじるところが多いようです。今回は指数移動平均を使ってSlowを21、Fastを9に設定しました。ゴールデンクロスを買いサイン、デッドクロスを売りサインとします。

ドル円でのバックテストの結果はコチラ
EMA0209.gif
3ヶ月で10%ほどなのでまあまあですかね。
今回作ったEAをここからダウンロードできるので他の通貨ペアで試してみてください。
皆さんもFXセンサーでじゃんじゃん稼ぎましょう。
posted by T-zawa at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アルバイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。